あしか祭り

今日はインターン初日。オフィスにはインド人のスタッフが3人で、そのうち1人は去年の9月にここを訪れた時に色々と取り次いでくれた人だった。向こうもこっちを覚えていたらしく、お互い感動...!とまではいかないにせよ、驚きの再会。

と、言えども今日はいきなり業務開始ではなく、語学学校探しに奔走した一日だった。

 

インドにも英語の語学学校はある。ある、けど、セブやオーストラリアのようにエージェントがいるわけでもなく、日本人スタッフがいるわけでもないので全部自力でやらないといけない。

まず1校目は、世界的にも有名(らしい)ILSCのニューデリー校。ここはオフィスも綺麗だったしスタッフも感じ良くて、さすがILSCと行った感じ。知らんけど。

まあ、高い。週5とはいえ1ヶ月あたり日本円で6万くらいなので正直ちょっとな〜という感じ。

そしてめっちゃ道に迷った。駅から徒歩5分のはずなのに30分くらい彷徨い続けた。まだSIMカードを買っていないのでグーグルマップも使えず、地図も土地勘ももちろんないので歩いている人に片っ端からききまくる。けど、みんな知らない...まあ語学学校なんかみんな行かないよね。 

ようやくたどり着いてみたら、なんで迷ったのかと思うくらいわかりやすい道。こういうのって初めての場所だとよくあるよね... 疲れたけど、実際自分の足で歩かないと頭の中の地図が埋まらないので、まあよしとします。 

 

2校目は、割とローカルっぽい語学学校。ここはとにかく安い。1ヶ月15000円くらい。

安いわりにスタッフの対応も丁寧でよかった。パンフレットなどめんどくさくて何も読まずに行ったのでたくさん質問したのに嫌な顔せず答えてくれた。

でもコースを決める前にレベル分けのテストを受けさせられた。20分で4択100問に答えるのと、スピーキングのテストでいきなり知らん人に電話をかけさせられた。

でもこれ結構大事なことだよね。真ん中のレベルでした。

 

セブとかオーストラリアの語学学校で比較した時に、日本人比率の低さを売りにしてるのをよく聞いたけど(それでも30%くらい)、インドだと問答無用で5%以下とかなので日本人比率を気にする人はインドいいんじゃないかな。。

 

英語は手段ってよく聞くけど本当にそうだなと今日改めて思った。

英語話せないと語学学校決められないし行きたいところにいけないし交渉もできないけど、それ自体が目的じゃない。まだまだ全然なのでもっと頑張らねば...

喋るのより聞く方が苦手、難聴なので...