海外生活1日目・セブ島上陸

 

PM12:05成田発の飛行機に乗ること約6時間、フィリピンのセブ島に到着した。

今日から約10ヶ月の海外生活が始まる。

3月下旬といえどまだまだ肌寒い東京と比べ、セブ島は蒸し暑い。

じっとりとした汗でTシャツが肌に貼りつく感触、鳴り止まないジプニーのクラクション、店先のどぎついネオン。空港から一歩外に出た瞬間私を包む喧騒たちに、ああここは東南アジアだと実感させられる。

 

学校の授業は明日からなので、軽く構内を案内してもらい、今日は終了。

ほとんどの生徒が日本人、たまにオーストラリアとかコンゴ(!)とか。

夕食後街をぶらついてたら、コンビニの前でたむろしてたフィリピンの男の子に声をかけられて、しばし話し込んだ。ジプニーの運転手をしているという彼は28歳で、優しそうな笑顔が印象的だった。明日もこの時間にここに来て、って言われたけどどうしようかな...

寮生活も休学も全部が初めて。勢いでこんなところまで来てしまったけど、年の瀬を迎える頃には、どんな自分になっているんだろうか。