読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外生活4日目・夜のジプニー

 

今日は通常授業二日目。

昨日はほとんどイントロダクションで終わったけど今日はより授業らしくなった。

とにかく発音が苦手すぎるので改善したい。日本人の苦手な"C"と”TH"が例に漏れず全く発音できない。勢いだけで喋りがちなところもあるのでグラマーも大事。

当たり前だけど、日本語で答えられないことは英語でも絶対答えられない。

 

神戸大学を2年休学してる大阪の子と友達になった。二ヶ月前までフィリピンの違う島で豚を育ててたらしい。なぜ豚。頭のいい人ってやっぱりちょっと変わってるのかな...

他にも休学してここにきてる子は結構いて、世間では休学なんて本当にありふれてるということがよくわかった。あんまり色々考えすぎるのも良くないな〜

 

授業後「アヤラモール」という学校の近くにある大型ショッピングモールに行った。

学校からジプニーで約15分。危ないから夜ジプニーには乗るなって言われたけど好奇心が抑えきれすに早速乗った。確かに日本人は皆無。油断は禁物だけど、そんなに危ない感じしなかったな。

Tシャツを3枚しか持ってこなかったので800ペソでワンピースを買った。あとスプートニクの恋人の英語版、600ペソ。本は普通に高い。

 

 

目下の悩みはトイレにトイレットペーパーが置いてないこと。(学校ですら)

用を足すときは常にトイレットペーパーを携帯しなければならないのでなんとなく行きづらい。

 

 

明日は5時に起きてみよう。

海外生活3日目・増えるわかめ

 

今日から通常授業が始まった。

午前はマンツーマンレッスンが4コマ、午後はグループレッスンが3コマの7コマ。

空き時間にフリーディスカッションのクラスにも参加できるので合計8コマ。

かなりハードかな〜と予想していたけど意外といける、、と思いきや、午前のマンツーマンでハイテンションを使い果たして6コマ目くらいからかなり真顔が増えてしまったような気がする。

いつでも笑顔でハイテンションの自分を保てるようになりたい。

 

昨日からかっこいいな〜と思っていたオーストラリア人のインターン生とちょっと仲良くなれたので嬉しかった。パースから来た23歳で、映像・写真のスキルを上げるためにここでインターンしてるらしい。ワンダイレクションのなんとかって人に似てる。

夕食のわかめをお代わりしててなんかかわいかった。英語でわかめはseaweed。増えるseaweed。

 

夜はちょっと勉強した。その後今週で帰るらしい服飾関係のパリピに誘われたので道端で行われているパリピの会合に参加してビールを一本だけ飲んだ。フィリピンのビールめっちゃ美味しい。というかアルコールが久しぶりだったので余計美味しく感じたのかも。

 

人生初テイラースイフトを聴きながらこれを書いている。テイラースイフトさんはアメリカでいうところの西野カナなんだろうか。それともきゃりーぱみゅぱみゅ系?

 

明日は6時に起きたい。

 

 

海外生活2日目・バナナ5本とTOEIC

今日は朝からTOEICを受けた。Speaking,Reading,Listening,Writingで約2時間半。

TOEIC問題数多すぎて嫌になるけどそのうちセンター英語みたいな感覚で解けるようになりたい。

 

午後はオリエンテーションや施設案内、簡単な自己紹介を同期として(同期は30人くらい。多!)、諸々のお金を払ったりして終了。

みんな数週間、長くて1ヶ月くらいのプログラムできているので、4ヶ月も滞在するのは私くらい。ひえ〜 2017年の目標は脱・対内的な自分なので、ここで日本人・外国人問わず友達をたくさん作りたい。。

 

夕食まで時間があったので、オリエンテーションで近くの席にいた21歳の大学生と31歳の美容師と街を散歩した。二人はタイ米がまずくて食べられないという話で盛り上がっていたけど、私はタイ米大好きなのでカルチャーショックだった。

フィリピンの街はゴミゴミしてて、交通インフラも整備されてない。これぞ発展途上国!という感じ。でも、街ゆく人がみんなニコニコ笑顔で話しかけてくれて心地いい。こういう人の温かみって経済発展とともに失われていくものなんだろうか...

 

夕食後はなぜか上映会が行われていた魔女の宅急便をBGMに軽く勉強。

新しい環境に期待と不安が入り混じるキキをみて、なんとなく自分を重ねてしまいセンチメンタルな気分になった。

 

時計が8時を回ったので、昨日ナンパしてきたフィリピン人と約束した場所に行ってみた。

姿が見えなかったので肩透かしを食った気持ちになって帰ろうとしたら、道路の反対側から「Haru~!」とニコニコ手を振るおっさんが近づいてきた。

私がちゃんときたことがかなり嬉しかったようで、屋台のバナナを5本も奢ってくれた。。お腹いっぱい

離婚歴があるようで、小さい子供が後をついてきたのには驚いた。奥さんは仕事でアメリカに渡ったらしい。ふーん、、、

その後なぜかネットカフェに連れて行かれて、YouTubeをご馳走になった。

明日も来い!って言われたけど、そろそろめんどくさくなりそうなのでこの辺でおしまいにしたい。

 

明日から通常授業。

 

海外生活1日目・セブ島上陸

 

PM12:05成田発の飛行機に乗ること約6時間、フィリピンのセブ島に到着した。

今日から約10ヶ月の海外生活が始まる。

3月下旬といえどまだまだ肌寒い東京と比べ、セブ島は蒸し暑い。

じっとりとした汗でTシャツが肌に貼りつく感触、鳴り止まないジプニーのクラクション、店先のどぎついネオン。空港から一歩外に出た瞬間私を包む喧騒たちに、ああここは東南アジアだと実感させられる。

 

学校の授業は明日からなので、軽く構内を案内してもらい、今日は終了。

ほとんどの生徒が日本人、たまにオーストラリアとかコンゴ(!)とか。

夕食後街をぶらついてたら、コンビニの前でたむろしてたフィリピンの男の子に声をかけられて、しばし話し込んだ。ジプニーの運転手をしているという彼は28歳で、優しそうな笑顔が印象的だった。明日もこの時間にここに来て、って言われたけどどうしようかな...

寮生活も休学も全部が初めて。勢いでこんなところまで来てしまったけど、年の瀬を迎える頃には、どんな自分になっているんだろうか。