読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝が来るまで終わる事のないダンスを

寝る前に久しぶりの更新。

最近は土日がっつりインターンに入ってるので全然日記を書く時間がない。。

 

先週から新しいルームメイトが3人入ってきた。

今までが快適すぎたのでそのギャップもあると思うけど、風呂の使い方とかなかなか電気を消さないとか話し声がうるさいとか色々気になってしまう。同室にいても私だけ全く話しかけられないのはイライラが伝わってしまってるんだろうか...

でもルームシェアの安さとか、普通に生活してたら絶対交わらないであろう他人が偶然一緒に住んでるところが結構好きだったりするので、日本に帰ったらでかい家に引っ越してルームシェアするのもいいな〜 特に外国人と住んでみたい。面白そう

 

日本は桜の季節が終わったくらいかな。大概の日本人と同様私も桜が大好きなので今年は見られなくて残念。

四季は、生活における句読点のようなものだと思う。雨で桜が散った夜、野外フェスの最後の花火が終わった瞬間、初雪の朝。

、 ふっと一息つく瞬間が訪れる。

全ての景色にみんなそれぞれ記憶があって、思い出してたまらなく切なくなったり、あのときに戻りたいなーなんて馬鹿みたいなことを半分本気で願ってみたりもする。でもそれと同時にこの春こそは、なんて新しい決意を胸にかかげたり。

ここにきて四季の素晴らしさを改めて感じた。雨季と乾季の違いはあれど、何しろ夏か夏か、はたまた夏かしかない。

生活に句読点を打つ瞬間がないと、いまいち気がひきしまらない。いつまでも小学生の頃の無限のように長い長い退屈な夏休みが続いてる感じ。

だからこの国の人はちゃんと働かないのかな...確かにこんな気候で生きてたら暑すぎて何も考えられなくなってしまうな。

 

うーん 

 

どうでもいいけど

 

 神大の男の子に全然喋れなくて辛い、焦るって話をしたら3週間で結果求める方が間違ってるって言われた。まー確かにそうなんだけど、言いたいことが言えないもどかしさっていうのは結構きつい。

今日先生と宗教の話になった時に、日本人は無信仰の人が多い、でも日本には八百万の神様がいてうんたらかんたら・・・っていう説明が全く伝わらなかった。そもそもキリスト教の考えにどっぷり浸かってる人に神道を理解させるのって難しいことなのかもしれないけど。。いただきますとかごちそうさまはprayではないし(辞書だとprayが出てくる)、英語が存在しない微妙なニュアンスの日本語をちゃんと説明できるようになりたい。

 

 でも我ながら頑張ってるなと思えることもあって、それは毎日全力で明るくて社交的な自分になろうとしてること。褒めてくれる彼氏もいないので自分で褒める。

 外国人にはとりあえず自分から話しかけるし、その辺のフィリピン人にも話しかけるし寮で食事するときもガンガン同じテーブルに座りに行くようにしてる。Mind if I sit here?って相当言ってると思う。下手くそな英語で頑張って会話してる。。みんな優しいから待ってくれるしゆっくり喋ってくれるのありがたい。

 日本人は日本人、台湾人は台湾人で纏まりがちだし私以外に一人で顔見知り程度の人に同席頼んでる女あんまりいないと思うけど、ここまで来て人の目気にしてても勿体無いしな。。って感じで吹っ切れてやってる。ほんとは超暗いし人間嫌いだから日本にいたら絶対淡々と一人で食べてると思う。えらいえらい 

 

 英語学習についてはもちろん毎日悩んでるけど、人生とか幸せとか生きる意味、仕事とは についてよく考えてる。これが自己分析か〜 就活は大事だけど、就活だけが行動の理由じゃないし、もちろん就活のことも考えながら行動しなきゃいけない。ここには本当にいろんなバックグラウンドを持ったいろんな国の人がいて、人生って自由なんだなって改めて気付かされた。たくさんのifがあるけど、どれか一つをってなると、選択ってこんなに難しい。。

 

 ルームメイトの台湾人明日で部屋うつって、次は日本人が3人入ってくるらしい。

超やだ〜〜 笑 日本人との生産性のない会話したくない 部屋にいない人になるしかない

 

 神大の男の子来週帰るらしい、モチベーションになってたから割と辛い

 どうでもいい人から興味を持たれて自分が興味を持った人は自分のこと好きになってくれないの、人生だな〜〜としか言いようがない 就活で会えたらいいな 神大エリートとは受ける会社のレベルが違うような気もするけど・・・

 

海外生活12日目・ウィークエンドエンド

 

いつぶりかわからないけど久しぶりに日記を書く。

 

昨日はインターンでタランバンまで行って、今日は夕方近くの教会まで散歩に行ったささやかな日曜日だった。

結構みんな土日両日ビーチ行っててすごい。ボホールとかボラカイまで行くには片道3時間以上かかるので朝3時、4時起きとかが普通らしい。3時起きってそれもう寝てないに等しいと思うんだけど、、

特に短期滞在の子は週末が2.3回しかなかったりするので気合が違う。泊まりがけでビーチ行ってる子も多い。リッチだなあ...

来週はフィリピンのホリデーウィークなので木曜日から4連休。木曜日に初ビーチに行く予定。メンバー12人いるらしいんだけど誘ってくれた子以外誰も知らない。まあなんとかなる。。

 

語学学校は毎週月曜日に入学式があって、金曜日に卒業式がある。だから毎週毎週人の入れ替わりが激しくて、それがなんとなく心地いい。仲のよかった子がいなくなるのは寂しいけど、また新しい友達ができる。その繰り返し。

たまたまある程度同じ時期に同じ学校に来て、卒業したらきっともう一生会わない。どこから来たのか・いつまでいるのか・名前・年齢・職業くらいしかお互いのことを知らなくて、こんなに刹那的な友達関係なのに皆一緒に旅行に行ったりしてて、それがすごく不思議で尊いものに思える。

 

そういえば出国前に受けたTOEICの結果を見た。予想よりはだいぶマシだったので一安心...リスニングが最高に苦手。。

先生や友達と会話するとき単語を繋げればそれなりに意味は通じるけど、それじゃ絶対に意味ないし、文法の大切さを痛感する今日この頃。明日も早いしTEDみて寝よう。

 

できれば明日も書きたい。

海外生活6日目・ぼったくりと人生

 

 昨日は疲れてすぐ寝てしまったので今日改めて昨日の日記を書く。

多少タイムラグがあっても出来るだけ毎日日記をつけるようにしたい。

 

 昨日は午前中だけ授業があって午後はフリーだったので、同期の女の子と一緒に、神大の男の子にセブを案内してもらった。SMシーサイドという郊外にある大型ショッピングモールに連れて行ってもらったんだけど、その帰りに乗ったタクシーにぼられるという洗礼を受けた。

初めてメーターを改造してあるタクシーに乗った。びっくりするぐらい料金が上がるのが早くてなんか笑ってしまった。 すぐに降りてジプニーで帰った。

みんなはジプニーはスリが多くて危険っていうけど少なくとも運転手にぼられることはないし、他にたくさん同乗者もいるので変な所に連れて行かれる心配もなくどちらかというと私はジプニーの方が安全だと思う、まあ、今の所だけど。

 フィリピンの人は働かない。家族の誰かが働いてみんなを養うのが一般的らしい。

マンツーマンクラスの先生も、ただただ学校と家を往復するだけの人生だって笑ってた。笑い飛ばせるのがすごい、諦めてるだけかもしれないけど。

ぼったくってきたタクシーの運転手にも、生活があるんだよなあ。

 

 夜はナイトマーケット的なところでローカルな食事をした。一杯しか飲んでなかったのに、二人の話を聞いてると涙が出てきてなぜか号泣してしまった。休学とか就職について数えだしたらきりがないくらい不安だってことを改めて実感した。

二人に超慰めてもらって申し訳なかった。。

 ここにいる人たちは英語を勉強する目的が明確な人もそうじゃない人もいろんな人がいて、私はその中間くらいに位置すると思う。

休学、就職あたりの単語でインターネット検索すると本当に凹むのでここにきてからやめた。

 こうやってただただ自分の欲求や興味を追いかけ続けてきた人生だから、誰かのために、っていうより自分のために、働ける仕事が向いてるような気がする。それがなんなのかはまだ定かじゃないけど。

 

 

 

海外生活5日目・SPUTNIK SWEETHEART

 

授業のことは割愛して書き始めることにする。

 

そろそろ生活にも慣れてきて、体もルーテーンを覚え始めた気がする。

朝5時過ぎに起きて夜は23時に寝る生活なのでとても健康的。

朝食は7時から8時の1時間という決まりがあって、起きられなくて食べられない〜派の人たちが結構いることに驚く。

割と貧乏性なのでお金を払っている以上は絶対に食べ逃したくない。。

くるりギャルの私は朝食の食パンにピーナッツバターを塗りたくることにしている。くるりのファンの総称ってなんなんだろう...

 

昨日の深夜にルームメイトが一人帰国したので、今は4人部屋に私と28歳の日本人のお姉さんと23歳の台湾人インターン生の3人だけ。台湾人の子は相槌の打ち方がとても可愛い。 今日は彼女と夕食を食べたけど、発音のあまりの下手さを指摘されて、食堂で永遠とthの発音をした。。 でもとても優しい。5月末までいるらしいのでもっと仲良くなりたい。

 

昨日買ったスプートニクの恋人を読み始めた。日本語版を何度も読んだことがあるので比較的読みやすい。海外の小説の、単行本とも文庫本とも呼べない大きさと紙の薄さが結構好きだったりする。

 

明日は金曜日。 決戦は金曜日。

 

 

 

 

海外生活4日目・夜のジプニー

 

今日は通常授業二日目。

昨日はほとんどイントロダクションで終わったけど今日はより授業らしくなった。

とにかく発音が苦手すぎるので改善したい。日本人の苦手な"C"と”TH"が例に漏れず全く発音できない。勢いだけで喋りがちなところもあるのでグラマーも大事。

当たり前だけど、日本語で答えられないことは英語でも絶対答えられない。

 

神戸大学を2年休学してる大阪の子と友達になった。二ヶ月前までフィリピンの違う島で豚を育ててたらしい。なぜ豚。頭のいい人ってやっぱりちょっと変わってるのかな...

他にも休学してここにきてる子は結構いて、世間では休学なんて本当にありふれてるということがよくわかった。あんまり色々考えすぎるのも良くないな〜

 

授業後「アヤラモール」という学校の近くにある大型ショッピングモールに行った。

学校からジプニーで約15分。危ないから夜ジプニーには乗るなって言われたけど好奇心が抑えきれすに早速乗った。確かに日本人は皆無。油断は禁物だけど、そんなに危ない感じしなかったな。

Tシャツを3枚しか持ってこなかったので800ペソでワンピースを買った。あとスプートニクの恋人の英語版、600ペソ。本は普通に高い。

 

 

目下の悩みはトイレにトイレットペーパーが置いてないこと。(学校ですら)

用を足すときは常にトイレットペーパーを携帯しなければならないのでなんとなく行きづらい。

 

 

明日は5時に起きてみよう。

海外生活3日目・増えるわかめ

 

今日から通常授業が始まった。

午前はマンツーマンレッスンが4コマ、午後はグループレッスンが3コマの7コマ。

空き時間にフリーディスカッションのクラスにも参加できるので合計8コマ。

かなりハードかな〜と予想していたけど意外といける、、と思いきや、午前のマンツーマンでハイテンションを使い果たして6コマ目くらいからかなり真顔が増えてしまったような気がする。

いつでも笑顔でハイテンションの自分を保てるようになりたい。

 

昨日からかっこいいな〜と思っていたオーストラリア人のインターン生とちょっと仲良くなれたので嬉しかった。パースから来た23歳で、映像・写真のスキルを上げるためにここでインターンしてるらしい。ワンダイレクションのなんとかって人に似てる。

夕食のわかめをお代わりしててなんかかわいかった。英語でわかめはseaweed。増えるseaweed。

 

夜はちょっと勉強した。その後今週で帰るらしい服飾関係のパリピに誘われたので道端で行われているパリピの会合に参加してビールを一本だけ飲んだ。フィリピンのビールめっちゃ美味しい。というかアルコールが久しぶりだったので余計美味しく感じたのかも。

 

人生初テイラースイフトを聴きながらこれを書いている。テイラースイフトさんはアメリカでいうところの西野カナなんだろうか。それともきゃりーぱみゅぱみゅ系?

 

明日は6時に起きたい。